公式オンラインチケット

s

板橋駿谷さんが語る三国志

板橋駿谷(俳優)Itabashi Shunya

2019.08.08 up

  • 板橋駿谷(俳優)
  • 好きな国:蜀
  • 推しの登場人物:関羽
ALL

    板橋駿谷に聞いてみた三国志Q&A

    Q.NHKの連続テレビ小説「なつぞら」の“番長”「門倉努」役で話題沸騰中!俳優の板橋駿谷さんです。三国志がお好きだったとは!さっそくですが板橋さんの推しの国は・・・

    A.特に、蜀です。劉備の成り上がり感がたまらないです!!
    僕が、福島の田舎で育ったので、東京に出て一旗揚げてやるんだ!って小学校から意気込んでいたので(笑)

    Q.では、板橋さんが最も好きな三国志の登場人物は…

    A.やっぱり、関羽です。
    デカイ男に憧れて育ったので、関羽の義を重んじ、部下にも優しい、頭も良い、腕っぷしも強いって最強!!って小さい頃から思ってました。

    Q.さすが、番長!板橋さんが、今回の特別展「三国志」でいちばん楽しみにしているポイントはどこですか。

    A.ロマン溢れる時代を生き抜いた人の”リアルなロマン”がいたる所に詰まってると思うので、全部に興味があります。思いっきり「リアル三国志」を堪能したいです。

    Q.板橋さんが、三国志を好きになったきっかけは何だったのでしょうか。板橋さんの考える、三国志の魅力とは。

    A.三国志を好きになったきっかけは、小学校3年生の時におじいちゃんがちょこちょこと話してくれた事がきっかけで、漫画を読み、少しずつ知っていきました。
    当時、生まれて10年くらいの歴史しかない自分にとって、果てもないロマンに溢れた異国の過去の壮大な歴史(物語)に胸がときめいたものです。
    実家が建設会社だったので、"汗と埃にまみれたカッコいいデカイ男"が周りに沢山いて、現実の世界にも漫画みたいな人がいるんだ!こうなりたい!っと生きる教科書のようにしてました。
    この「三国志展」で沢山の方がロマン溢れる世界に浸り、現実の世界でもロマン溢れる生活を送ったら、最高に楽しいと思うので、是非ロマンに触れに行きましょう!!!
    俺も"デカイ男"になるために展示に行って、目を皿のようにして勉強したいと思います!!!

    ブレイク中の板橋駿谷さんから、“番長”らしい、スケール大きな三国志愛あふれるメッセージをいただきました。ありがとうございました!