公式オンラインチケット

s

1.「真・三國無双」シリーズとのコラボレーション!

張飛の武器「蛇矛(じゃぼう)」を会場に再現!
三国志の時代の武器の部屋には「真・三國無双」シリーズのあのキャラクターのシルエットも。

「真・三國無双」シリーズ ©コーエーテクモゲームス All rights reserved./会場撮影:山本倫子

蜀の豪傑・張飛愛用の武器と言えば蛇矛(じゃぼう)。「三国志演義」には一丈八尺(約4メートル)と記されていますが、三国時代の文物の出土例は無く、実在したかどうかは不明です。しかし張飛誕生の数百年前、中国・雲南地方では確かに使われていたようで、雲南省の遺跡から出土した武器の例が確かに存在。
今回、特別展「三国志」会場内では、ゲームシリーズ「真・三國無双」に登場する張飛の蛇矛を「三国志演義」に記された長さで再現し、展示。出土した蛇矛とゲームの蛇矛とを見比べることができます。
この蛇矛が展示されている三国志の時代の武器の部屋には、同ゲームシリーズの武将のシルエットも隠れています。探してみよう!
「真・三國無双」シリーズとコラボレーションした音声ガイドの情報はこちらから。

会場内に再現された蛇矛
©コーエーテクモゲームス All rights reserved./撮影:山本倫子

武将メーカー会場版で、いざ“もしも三国志”へ参らん!

「もしも、あなたが三国志の武将だったら・・・」を叶える本展公式サイト夢の企画、「武将メーカー」。
特別展「三国志」会場には会場限定バージョンをご用意!生成される画像には「特別展「三国志」へ行ってきました」の文字が入ります。いざ、体験するべし!

画像提供:コーエーテクモゲームス

2.横山光輝氏による漫画「三国志」とのコラボレーション!

日本の三国志ファンを長年魅了し続けているおなじみの「三国志」の登場人物や名場面を、三国志ファンはもちろん、初心者の方にも分かりやすく本展をお楽しみいただけるよう、中国で発掘された“リアル”な出土品と共に紹介する試みも。
特別展「三国志」の各章の冒頭には、漫画家・横山光輝(1934-2004)による漫画「三国志」の貴重な原画(光プロダクション所蔵)を展示しています。計7つの展示場面は、いずれもその章に登場する人物や出来事にちなんで選ばれました。

新書判第1巻「桃園の誓い」 横山光輝『三国志』原画 光プロダクション蔵
©横山光輝/光プロ

会場撮影:山本倫子

3.川本喜八郎氏によるNHK「人形劇 三国志」とのコラボレーション!

さらに、従来の三国志ファンから初心者の方々までお楽しみいただける企画として、1982年から1984年にかけて放送されたNHK「人形劇 三国志」のために人形美術家・川本喜八郎(1925-2010)が制作した人形計9体を展示!長野県の飯田市川本喜八郎人形美術館からはるばるやってきたこの人形たちは、実際に「人形劇 三国志」の放映で使用された貴重なものです。どうぞお見逃しなく!

曹操/劉備/孫権 飯田市川本喜八郎人形美術館蔵
©有限会社川本プロダクション/撮影:田村實

会場撮影:山本倫子